「ロボジー」を観た感想

この映画は頑固なじいさんとロボットをテーマにしたコメディーで、今まで観たことのないような組み合わせで面白い。

弱小家電メーカーの木村電器の社員である小林(浜田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人はロボット博が近日中に開催するため、これを会社の技術力をアピールできるチャンスと捉え、参加を決意した。

華のある職業ではなく、あえて弱小家電メーカーにスポットを当てたのも、また面白い。

そんな3人は、二足歩行のロボット開発に奔走していた。

しかし、開催直前の1週間前に不慮の事故によりロボットが大破されてしまう。

結局、新型ロボットの開発に失敗し、当日、慌てた3人はその場しのぎで、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したのだ。

その場しのぎとはいえ、数いる人の中で、年老いた老人を選んだので驚くし、おもわず笑ってしまう。

ロボットの代役を任された鈴木は、本番で、ぎこちない動きと見よう見まねの奇妙な動きをする。

その動きは、今まででは見たことのない斬新な動きと評価されロボット博を終え、一息ついたと思った束の間、その動きがマスコミで話題にされ、一躍人気者になった。

また、そこにロボットオタクの佐々木(吉高理由里子)が現われ、そのロボットの熱烈なファンとなる。

ロボットが人気者になってしまい、また、熱烈なファンも現われて、今後どんな展開になるのかとドキドキした。

さらに慌てた3人は、引き続き鈴木に代役を頼んだ

。ある日、街のイベントに呼ばれ、3人達は会社の車でその会場に向おうとした。

しかし道中、その車が事故に遭い会場に向かえなくなってしまった。結局、ロボットの正体がバレてしまい、3人はロボットを作り直すことにした。

そんな中、会社の新卒採用が行われ、入社日に3人の前に現われたのは、なんと佐々木だった。

ロボットの正体が分かっても、そのロボットの事が好きだった佐々木は新たなロボット作りに携わることを決意した。

そして、3人と力を合わせ、本物のロボットをの完成を目指していきました・・・。

冒頭で3人達がロボットが壊れたのを隠し、慌てて老人に頼んだのは、面白かったのですが、途中で佐々木が現われて、3人で力を合わせて一からロボットを作り直し、今度こそ素晴らしいロボットを作り上げたいという思いと、完成に向けて頑張っている姿を見ると、思わず感動してしまいました。

コメディー映画なので、ドタバタして面白い要素が多いのですが、弱小家電メーカーの3人たちがロボット開発に勤しんでいる姿には涙してしまいます・・・

話題の映画情報 → 無料映画 MOVIEまとめ